薄毛の原因は???
コラーゲンの減少はお肌に影響があることは良く言われていますが、コラーゲン減少と薄毛も関係があるのでしょうか

男性だけではなく、近年女性にも増加傾向にあるという薄毛。じつは、この薄毛の原因はある栄養素、つまりコラーゲン(の減少)にあるのではないかという研究データが明らかになったのです。
ある大学の研究によると、加齢による薄毛は、コラーゲンの減少が要因になっているというのです。そもそも、髪の毛は、頭皮に存在する、毛包という部分から生み出され、毛包によって支えられています。毛包の最下部には毛乳頭と呼ばれる部位があり、ここで細胞分裂が起こり、髪の毛をどんどん生み出しています。毛乳頭には毛細血管が入っているため、髪の毛を健やかに保つための栄養分を、ここから補給しています。この毛包は、加齢によって徐々に機能が衰えていき、その結果、抜け毛が増えていき、薄毛になっていくと言われています。

研究チームは、老化したマウスから、17型コラーゲンを分解する酵素が多く分泌されていることに着目し、人間においても、17型コラーゲンが減少していると毛包が縮小しているということを明らかにしました。現に、中高年の毛包は、若年に比べて毛包が縮小し、この成分の量も減少傾向にあったことがわかりました。

そのメカニズムを紹介します。
毛包は、コラーゲンの一種に守られている状態で存在しています。髪の毛を生み出す際、細胞分裂を起こし、それに伴い、DNAに傷を与えてしまいます。代謝が活発な若年層では、修復が可能ですが、加齢とともに修復は困難になっていきます。DNAの修復を行うため、とある酵素を利用します。この酵素こそが、17型コラーゲンを分解してしまう、抜け毛や薄毛の要因となるものなのです。保護されていた毛包は、徐々に皮膚の外に排出されていき、やがてフケやあかとなって毛穴ごとなくなってしまいます。毛穴ごとなくなるということは、もうその場所からは髪の毛が生えないということです。

研究では、マウスでの実験も行っています。17型コラーゲンを体内で作り続けるマウスは、歳を重ねても毛が抜けにくく健やかな体毛を維持しています。一方、この成分を体内に持たないマウスは、生後1年未満でほぼ体毛が抜け落ちてしまうという結果となりました。
こちらの研究は、若年層に起こりうる男性ホルモンを大きな要因とした薄毛ではなく、加齢による抜け毛、薄毛の要因を明らかにしたものです。
毛穴ごと無くなってしまう前に、髪の毛がまだ元気なうちに対策を行う必要があります。研究チームは、加齢による抜け毛・薄毛対策の新薬開発に取り組むということが分かっていますが、私たちが利用できるようになるのはまだまだ先のことです。

それまでに出来る薄毛の対策は、健康的な生活習慣と、バランスの摂れた食事です。ストレスや生活習慣の乱れは、髪の毛にも良い影響を与えません。アルコール、脂肪分、糖質などの過剰摂取は避け、タンパク質、ビタミン、ミネラルなど、バランスよく摂取し、健やかな髪の毛を保つメニューを食べましょう。今ある髪の毛を大切に、労りながら生活していくことが大切根です。