食事バランスを考えて!
忙しい日々を過ごしていると食事を疎かにしてしまいがちですが、食べ物によって髪の毛の発育は大きく影響してきます。
毎日の食事から摂る栄養は髪の毛にもしっかりと伝わりますので、食事を気をつけるかどうか、髪の毛に良い食べ物を食べるかどうかで大きく変わってきます。
そこで髪の毛に良い食べ物はなにか、何が薄毛対策になるのか紹介します。

基本的に髪の毛に必要な栄養素としては、髪の毛の主成分であるタンパク質、髪の毛を生成するための亜鉛、頭皮環境を整えるビタミンといった栄養が必要となります。

髪の毛に必要な栄養はさまざまありますが、そのなかでも薄毛対策として大切にしたいのがタンパク質になります。
しかし、タンパク質だけを摂取しても意味がないのでタンパク質を含みながら男性ホルモンのテストステロンの分泌を抑制してくれるイソフラボンが特徴的な納豆がおすすめの髪の毛に良い食べ物です。

納豆の元である大豆にはイソフラボンの他にも皮膚の新陳代謝を促してくれるビタミンB2や血流改善をして頭皮の血行を促進してくれるナットウキナーゼも含んでいるので万能と言えます。

また、薄毛の対策として考えると、タンパク質も大事ですが亜鉛を摂取する事も髪の毛にとても大切です。

髪の毛はタンパク質が主成分でありますが亜鉛が不足する事によって髪の毛の生成が上手くいきませんから亜鉛を含んでいる食べ物も髪の毛に良い食べ物としてとてもおススメです。

亜鉛を含んでいる食べ物としてお勧めなのが、生牡蠣、豚レバー、魚介類、牛肉などです。
その中でも、日頃から食べる機会は少ないかもしれませんが生牡蠣は特に亜鉛を含んでいます。また、レバーは薄毛対策として、頭皮環境を改善してくれるビタミンA、ビタミンB群などが含まれていて、こちらもおすすめと言えます。

薄毛対策として頭皮環境を整えるためにビタミンAやビタミンB群なども必要な栄養素になりますが、これらを積極的に摂取するためには緑黄色野菜が大切となります。

ビタミンAは血行を促進して頭皮環境を良くして、ビタミンB群は皮脂の分泌も抑制してくれるので効率の良い頭皮環境を構築する事が出来ますので、薄毛の対策としておススメですね。

ナッツ類もタンパク質と毛細血管を広げてくれて結果的に血行を良くしてくれるビタミンEを含んでいます。
血行促進効果のあるビタミンAも必要ですが、毛細血管の細かいところまでしっかりと必要な栄養素を届けるためには薄毛対策にビタミンEも必要不可欠です。

レモンなどの柑橘類ビタミンCが含まれており、ビタミンCは髪の状態を良くしてくれるコラーゲンの生成を助けてくれます。
髪の毛の発育に関して必要な栄養であり、頭皮環境を整えるだけでなく生えてきた後の髪の丈夫さも考えれば大事な栄養です。

基本的に髪の毛に必要な栄養素としては、髪の毛の主成分であるタンパク質、髪の毛を生成するための亜鉛、頭皮環境を整えるビタミンといった栄養が必要となります。
ですから、これら以外にも高野豆腐、焼き海苔、いわし、乳製品といったものもおすすめになりまして、これらの成分を取り入れたメニューを食べると良いでしょう。

忙しくてしっかりとしたご飯が食べられないという方がいましたら摂取する栄養のバランスを考えて不足している栄養をサプリメント等で補うという事も薄毛の対策として視野に入れると良いでしょう。